酵素について(初級)

最終更新: 2019年5月9日

【酵素の重要性】

酵素で有名なのは、『消化酵素』ですね。

食べたものを消化・分解したり、

アルコールの分解などがよく出てきます。





しかし、酵素は食べ物の吸収だけでなく、息をしたり

筋肉を動かしたりと、生命活動の全てに関わっています。


そのため、酵素がなければ人は一瞬も生きることはできません。



面白い例があります。

もし人間に酵素がなかったとしたら

200gのステーキ肉を消化するのに

何年かかると思いますか?



ちなみに、通常だと約1-2日間です。



これが、酵素がない場合

40億年かかるそうです。



地球が誕生した頃に食べたお肉が

今、消化が終わる頃といったくらい

ほぼ消化しきるのは不可能なんです



つまり、『酵素』とは、

生命活動のです!



【体内酵素】

〜「消化酵素」と「代謝酵素」〜


その人が、一生で使える酵素の量や、

酵素を作る能力は遺伝によって決まっていて、

個人差があります。



体内で作られる酵素は、大きく分けると

・消化酵素

・代謝酵素

の二つに分かれます。



・消化酵素

文字通り消化のための酵素で、

毎日食べる食事を消化吸収するための酵素です。



・代謝酵素


新陳代謝:

吸収された栄養を体中の細胞に届けて

有効に働く手助けをする。


有害物質の除去:

毒素を尿や汗の中に排出する。


自然治癒力:

体の悪い部分を修復する。

怪我を治すなど。


免疫力:

免疫力を高める。

  




【体内酵素を高める】

体内で最も酵素を使うのが、「消化」です。

この消化酵素を抑えることにより、

体内酵素の働きを効果的に活性化させることができます。


代謝力がアップすると免疫力や解毒作用が高まり、

風邪をひきにくい体に整えたり、細胞レベルでの

修復が可能になります。


つまり、日常生活での無駄使いを減らし、代謝酵素の

働きを十分に発揮させることがとても重要です。



18回の閲覧

©2018 by 福岡発!改善美容ファスティング. Proudly created with Wix.com